Ayunose Bridge

From HighestBridges.com

Jump to: navigation, search

Ayunose Bridge
鮎の瀬大橋
Yamato, Kumamoto, Japan
459 feet high / 140 meters high
656 foot span / 200 meter span
1999


A rare and beautiful blend of a cable stayed and beam bridge, the Ayunose crosses a deep gorge several miles (kms) south of the small town of Yamato in southern Japan’s Kumamoto prefecture. The bridge was built as part of an agricultural road that now connects villages that were once remote.

Japan’s famous architect Arata Isozaki was in charge of picking the bridge’s designer and chose Miyoko Ohno. The Japanese bridge engineer described the motivation behind her stylish design. “The tower emphasizes the height of the mountains and the pier - the depth of the valley. The linear shape corresponds to the landscape”.

The most unique half of the bridge is a 3-span prestressed concrete beam supported by an elegant, curvilinear, V-shaped pier. Despite the mix of bridge types, the transition between the two bridge halves is aesthetically invisible. With a road deck crossing 459 feet (140 mtrs) above the Midori River gorge, the bridge engineers knew it would be a photogenic landmark and built lookouts on both sides of the canyon. Opened in August of 1999, the bridge cost 49 million dollars.



Ayunose Bridge Elevation


ケーブルステイドとビーム橋が希薄に美しくブレンドしているのが鮎の瀬大橋です。この橋は南日本の熊本県にある大和という町より7~8マイル南の深い峡谷を横切っています。この橋は農道の一部として建てられ、現在は村々につながっています。しかし以前は人里離れたところでした。

日本の有名な建築家、イソザキ・アラタさんが橋のデザインする人を選ぶことになり、オオノ・ミヨコさんを選びました。スタイリッシュなデザインを生み出した動機について、橋のエンジニアであるオオノさんが次のように語ってくれました。“タワーは山々の高さを強調し、橋脚は盆地の深さを強調しました。そして、直線のかたちは風景に相当します。”この橋のユニークなところは、3スパン・プレストレスト・コンクリートビームがエレガントで曲線のあるV-シェープの橋脚によって支えられていることです。この橋は美学的にも優れているため、橋のタイプが混ざっているにもかかわらず、片方の橋からもう片方の橋への移り変わりを見ることはありません。緑川峡谷上140mにわたる路面デッキを背し、架橋エンジニア達は写真撮影のための格好な場所を知っていました。そして、展望できる所を峡谷の両側に建てました。1999年にオープンしたこの橋には、4千9百万ドルが費やされました。


Ayunose Bridge satellite image.

Personal tools